赤ちゃんの便秘は腸内環境から改善していく

クリニック下へダウン > 便秘 > 赤ちゃんの便秘は腸内環境から改善していく

赤ちゃんの便秘は腸内環境から改善していく

腸内環境という言葉をご存知でしょうか?

 

単純に言うと、善玉菌と悪玉菌という腸内細菌のバランスのことです。

 

人間の腸内には、おびただしい細菌が棲んでおり、赤ちゃんも例外ではありません。

 

善玉菌が多い腸内は、酸性で水分がほどよく保たれており、うんちもやわらかくなって出ます。また腸も善玉菌が出す酸の刺激を受けて、よく運動して便を送り出そうとします。

 

一方、悪玉菌のほうが多いと、腸の働きも悪くなって、便秘になりやすくなります。

 

便秘を繰り返すような赤ちゃんの場合は、この腸内環境で>善玉菌が十分に働いていないということが考えられます。

 

では、なぜ赤ちゃんの腸内環境が整ってないということが生じるのでしょうか?

 

お母さんのお腹の中にいるときの赤ちゃんは、無菌室にいるようなもので、細菌などはいません。

 

それが出産時に産道を通りながら、お母さんの体内の腸内細菌を口から取り込んで生まれてきます。

 

その後に数日かけて赤ちゃんの腸内環境の基礎がつくり上げられていくというわけです。ですから、赤ちゃんの腸内環境は遺伝ではないのですが、お母さんのもともとの腸内環境を受けついでいるという面もあります。

 

妊娠中に便秘がなかなか改善しなかったようなお母さんは要注意ともいえます。

 

さらに帝王切開で生まれる赤ちゃんは、お母さんからの細菌を取り込めない分、腸内環境を整える面では不利ともいえます。

 

また出産後も赤ちゃんの腸内環境は様々な要因で変化していきます。ミルクか完母かによっても変わりますし、母乳の質の影響も受けます。

 

こうした要因から腸内環境が整わずに便秘を繰り返すということがあるのです。

 

しかし、出産前後に少し不利な状態があっても取り戻すことは十分に可能です。

 

腸内環境の基盤となるものが決まるのは、大体1歳ごろまでと言われています。ということは、それまでの間になるべく善玉菌が活発になるよう働きかけてあげれば、間に合うことになります。

 

特に二歳までにアトピー性皮膚炎にならなければその後もならないといわれますが、アトピーは腸内環境と深く関係するとも言われており、その意味でも1,2歳までの時期というのは、大事な時期なのです。赤ちゃんの便秘の5つの解消法について